オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病とは成長期(小学生~中学生)に多く
サッカーやバスケットボールなどのジャンプを伴う激しいスポーツ
をしている人におこる、膝周辺部の骨軟骨炎です。
原因は、スポーツでジャンプや屈伸を繰り返し行うことで、
大腿四頭筋は強く収縮し膝蓋骨経由して頚骨(すねの骨)
の上部にある大腿四頭筋の付着部である頚骨粗面が
引っ張られることにより、発生します。
症状は、頚骨粗面が出っ張りその部分を刺激すると痛みがあります
スポーツをするとやはり痛みますが、通常の歩行ぐらいでは
あまり痛みは感じません。
治療として急性期はアイシングを行い、スポーツは一時
中断したほうが良いでしょう
a:1819 t:2 y:1