画像の説明

各症状について

◇痛み・シビレなどの症状
腰 痛

肩こり

頭 痛

坐骨神経痛

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

産後の骨盤矯正 

その他の症状

◇精神的な症状
うつ病

パニック障害

発達障害

腰痛

あなたはこんな事で悩んでいませんか?

[check]腰が痛み始めてから三ヶ月以上過ぎ、まだ痛い


[check]病院で椎間板ヘルニアと診断された


[check]病院で坐骨神経痛といわれた


[check]脊柱管狭窄症で手術を勧められた


[check]整形外科や接骨院、整体院に通っているが良くならない


[check]この痛みは歳のせいだとあきらめている

・・・と思っているなら
あなたの治療方針は間違っているかも知れません!


なぜなら慢性痛は痛い箇所を治療しただけではダメなんです!


病院での投薬や痛み止めの注射


整骨院、整体院の骨格の矯正やマッサージまたは牽引治療などを


受けてみてどうでした?


一時的には良くなるがまた痛みが戻ってしまいますよね


グリーンPCTカイロプラクティックは病院などと


診ているところが違います!


あなたの慢性痛が治らないのは
脳のリセットをしないからです。


脳はご存知のように全身を制御しているコントロールシステムです


脳は精神的なストレスによりダメージを受けエラーを起こします


これにより、正常な働きが出来ずに痛みが慢性化するのです。


当院は脳のエラーを解消し正常な働きを取り戻させて
慢性痛を改善します。



(当院で施術を受けた患者さんの感想です。)
画像の説明
画像の説明
画像の説明

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと言われても怖くありません!
なぜ? 下記を読み進めてください。



腰痛や首の痛みシビレの原因の一つとして知られていますが


実は画像でヘルニアが見つかっても痛みのない人は大勢います


画像の説明
資料  TMSジャパン


このグラフを見てください、1995年に国際腰痛学会で


発表された資料です。論文では、痛みがない人に検査をした結果


ヘルニアは76%椎間板の変性は85%の人に見つかりました。


ですから「ヘルニア=痛みシビレ」ではないのです!


またレントゲン、MRIなどで神経が圧迫されている画像を


見せられた方も多いと思いますが(見るだけで痛そうですよね)


しかし、神経が圧迫を受けても痛み、シビレは出ません


さらに、飛び出た軟骨はマクロファージという物質が食べてしまうので


しばらくすると飛び出た軟骨はなくなってしまいます


この事実は科学的な実験やデーターで証明されています。


いまだに病院などで古い説明を受けていませんか?


痛みの出ている場所は「 筋肉 」からです。


蒲田の整体 グリーンPCTカイロプラクティックでは


トリガーポイント療法という方法で痛みの原因である


筋肉の「しこり」を取り除き、血液循環を改善させ


オリキュロセラピーで脳から患部までの痛みの経路を鎮静化し


トルクリリーステクニックで神経伝達を正常化させることにより


筋肉の「しこり」が無くなり痛みが取れるわけです。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は脊柱の中にある脊柱管という神経を包んでいる管が狭窄(内部が狭くなる)
した状態で様々な症状を引き起こします。一番の原因は加齢によるものですが
生まれながらに骨の形状が異なる方にも発症します。また、
椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、変性すべり症、腫瘍などでも引き起こされる場合があります。

症状は、歩いていると徐々に足がしびれたり、痛み出したりして歩けなくなるが
しばらく休むとまた歩けるようになる、またはそれを繰り返すという症状が
間欠性跛行といわれる、代表的な症状です。

今までは神経の圧迫が原因でシビレや痛みなどの症状が出ていると、考えられてきましたが、しかしこの説明は科学的な根拠がなく現在の治療は精神的ストレスで脳がエラー
を起こし痛みに対して脳が十分な機能を発揮できないため慢性的な痛みとなっている事がわかってきました。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
トルクリリーステクニックで脳のエラーを改善し
オリキュロセラピーで狂ってしまった脳の周波数を正常に戻します。



病院では脊柱管狭窄症と診断され当院で施術を受けた患者さんの感想です
画像の説明
腰に強い痛みと腰から左足のつま先までしびれがきてしまっていて
毎日つらい生活を送っていました。
整形外科に週1回、治療を受けているのですが痛みが治る
見込みも薄く、腰の手術しか治せないのではないかと気持ちも
暗くなっていました。
しかし、今回グリーンPCTカイロプラクティックさんのホームページを見て
初めて整体治療を受けたのですが、まず治療もまったく痛くないこと
に驚きました。
そして施術の工程ごとにきちんとわかりやすく、PCや脊髄模型
で説明していただけるので、安心して治療を受けられました。
一回の治療で首から腰にかけてのゆがみも驚くほど改善され
希望が見えてきて気持ちも明るくなりました。

ぎっくり腰

[原因]
ぎっくり腰の原因は、手を伸ばして物を取ろうとしたり、中腰で
重たい荷物を持ち上げたり、クシャミをしたり・・・など
きっかけは日常生活の様々な動作で発生します。
腰の周りにある筋肉や靭帯などから急性の炎症が出ている状態です。


しかし・・・
「ぎっくり腰だから安静にしていなさい 」はウソです!
画像の説明
資料 TMSジャパン


上記の表をご覧ください、急性腰痛の患者さんを


三つのグループに分け、経過を比較しました。


①安静にしていたグループ ②ストレッチをしていたグループ


③無理のない範囲で日常生活をしていたグループ


回復が遅かったのが①の安静にしていたグループで


一番回復が早かったのは③の日常生活群でした。



ぎっくり腰は急性の炎症です一回の施術では痛みは取れませんが

神経系の働きが悪いと痛みも長引きます。

脳・神経の調整や患者さんに合った指導方法で

一日でも早い回復を目指します。



「結論」
ぎっくり腰になっても、脳・神経の調整をして
出来る範囲で身体を動かしましょう!


脳・神経の調整はトルクリリーステクニックオリキュロセラピー
痛い部位をさわる(刺激)することなく、施術できます。


画像の説明

坐骨神経痛

まだ古い説明を信じていませんか?

片側の臀部~大腿~足にかけて痛みやシビレがあると

「腰で神経の圧迫があるせいで足に症状が出てますね~」

などと整形外科などでよく説明をされました。

そして腰の牽引療法などを受けに何カ月も通うのです

こんな説明や治療法を今でもしているなら、その医療機関は問題で

しかし、近年研究がすすめられ神経の圧迫があっても

痛みシビレは起きないことが証明されました。

もちろん牽引療法の効果も疑わしいという報告です。

では、何が原因で痛みが出ていたのでしょうか?

それは、筋肉の「しこり」筋硬結が原因です

MPS(筋筋膜性疼痛症候群)といわれています

筋肉のしこりは神経系のエラーによって起こります

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは

脳・神経系が持つ本来の機能をトルクリリーステクニック

という方法でリセットできます。

またオリキュロセラピーという耳介を使った治療法で

シビレや痛みの症状を改善させる事が出来ます。

顎関節症

顎関節症とは食べ物を咀嚼(噛み砕く動作)する時に起こる筋肉や関節からの
痛みや、 異音、あごの異常運動を総称して「顎関節症」と呼びます。
以前は、若い女性に多いとされてきましたが、最近では男性や年齢的にも増えて若年傾向です。  原因は、精神的ストレス、生活習慣、歯の噛み合わせ、
などが上げられます、症状としてはすぐに痛みが取れてしまう軽症のものから、
仕事や食事の時などにも、支障をきたす重症のものまで様々です。
80~90パーセントは保存療法と生活習慣の見直しで改善が見られます。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
顎関節と頚椎の矯正を行うことにより顎関節にかかる負担を軽減して
トルクリリーステクニックオリキュロセラピーで神経の流れを調整します。

肩こり

[原因]
肩こりの、原因は様々ありますが、一番多いのはやはり不良姿勢でしょう
背骨は頚椎(首の骨)、胸椎(胸の骨)、腰椎(腰の骨)から
構成されていますが、重たい頭部や身体を支えるために、
生理的な湾曲(S字カーブ)が備わっていますが、姿勢が悪いために
このバランスを崩して、首~肩~背中の筋肉に負担がかかり、結果として
肩こりとなってしまいます。その他、運動不足や眼精疲労、精神的な
ストレスから「肩こり」になってしまう場合もあります。

[症状]
首~肩~背中にかけて筋肉がこわばり、重苦しい感じがある、ときに
頭痛や吐き気なども伴う。

[当院の施術]
・科学的検査(筋電図 サーモグラフィーなど)
・カイロプラクティック
不良姿勢で歪んだ背骨を骨盤から調整して正しい位置に戻します。
トルクリリーステクニック
神経の流れを正常にして自然治癒力を高めます。
オリキュロセラピー
耳介にある反射点に微弱電流を流して症状を改善させます。

冷え症

冷え性の一般的な症状として、身体の全体は寒さを感じないが
手や足などの指先などに冷たさ(冷え)を感じます。
原因として、血行が悪くてなるもの、自律神経からくるもの、消化器系が悪いもの 、心臓の調子が悪くても冷えの原因になります。 運動不足で体力が落ちていたり、
ストレスが溜まってホルモンバランスを崩したりもします。
ビタミンEは血液の循環を良くする作用があり
鉄分は、体中に酸素を輸送する役目のヘモグロビンを構成します 鉄分が不足すると手や足などの末端に酸素が行きにくくなり 冷えの原因となります
たんぱく質は、エネルギー源で筋肉を造っています。
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
骨盤から背骨までを矯正して筋肉がうまく動かせる身体を作り
トルクリリーステクニックで自律神経のバランスを整え
オリキュロセラピーで冷えを起こしているポイントにアプローチして
症状を改善させます。


産後の骨盤矯正

産後によく聞かれる不調や痛みは様々で腰の痛み、股関節の痛み、膝の痛みや
生理痛が以前よりひどくなった、体重は戻ったのに以前にはいていたズボンが
はけなくなった、お尻が大きくなったなど、
なぜ、このようなことが起こるのでしょう? それは妊婦さんがお産をする時に
赤ちゃんが産道を通りやすくするために「リラキシン」というホルモンが
分泌されて骨盤が緩みます。
産後も骨盤は、しばらくゆるいままで、お母さんが無理な体勢子育てをしたり
生活習慣(座り方など)などで片寄った体の使い方があると、
骨盤は歪んでしまいます。

蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは

出産後に「ゆがみ」の出てしまった骨盤を科学的検査で解析して、矯正します。

トルクリリーステクニックオリキュロセラピーでホルモンバランスを整える

ことが出来るので、産後の様々な症状に対応しています。

産後の骨盤矯正の流れ

1回目

・問 診
・コンピューター解析検査+画像解析
・骨盤矯正+背骨の「ゆがみ」矯正

2回目~4回目(一週間に一度)

・骨盤が正しい位置に固定されるように矯正をします。

5回目

・骨盤の状態を再度コンピューター解析検査で調べます。

最終回(一ヵ月後)

・一ヶ月経過後、骨盤の位置が正常であることを確認して終了です。


変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、長年にわたり繰り返された膝への負担やケガなどによって
関節の軟骨が磨り減り、骨の変形などを引き起こします。
男女比は1:4で女性に多く高齢になるほど罹りやすい病気です
初期には立ったり座ったりの動作や、歩き始めなどの動作の開始時に痛みが出て
休むと痛みが取れますが、初期でも急性期では関節液がたまり、強い疼痛が起きます
症状が進むと変形も進み、歩行が困難になり
膝が完全に伸びなくなったり、正座が出来なくになったりします
原因は老化によるものが多く、外傷(骨折、脱臼、靭帯や半月版の損傷)や肥満
化膿性関節炎などの感染症の後遺症として発症することもあります
予防として、大腿部の筋肉を鍛える、正座を避ける、肥満であれば減量する
冷やさずにあたためて血行を良くするなどがあります。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
膝にかかる体重を骨盤矯正で前後左右に均一にかかるようにして
正しく膝に体重が乗るようにして痛みを軽減させます。

生理痛

生理痛はまったく症状のない方もいますが、およそ9割の方は
生理痛から来る不快感を持っていて主に腹痛、頭痛、腰痛
などがあげられます。症状の軽い方は良いのですが
症状のひどい人になると吐き気や悪寒、立って歩くことが出来ない
という方もいるようです。精神的にもイライラや物事が
面倒になるというように学業や仕事にも影響が出てしまいます
生理痛の大きな原因はプロスタグランジンという物質が
生理が起こるときに子宮内膜がはがれて、
その時に痛み熱はれを腫れを発生させているものです。
生理痛は骨盤周りの筋肉や靭帯の硬さや動きが悪くなった
状態の時には更に痛みが増し症状が強く出てしまうので
普段からストレッチや体操などで身体をほぐして
血行を良くする努力をしましょう
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
骨盤矯正で正しい位置に骨盤を安定させて血液の循環が
良い状態と動きやすい体にして、トルクリリーステクニック
オリキュロセラピーで神経とホルモンバランスの調整を行います。

更年期障害

現在日本では、2000万人の更年期を迎えた世代の多くの女性が
症状の強さに差はありますが、更年期障害で悩んでいるといわれています
更年期障害とは、性成熟期から老年期への移行期で加齢に伴う
卵巣機能の低下により女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が少なくなり
自律神経に悪影響を及ぼし自立神経失調症になって頻脈、血圧の不安定
ホットフラッシュ、肩こり、頭痛、耳鳴り、多汗、など様々です。
精神症状としては不安感やイライラなど情緒が不安定となり
心身症の症状が出ます。
最近では、男性の更年期障害も起こることがあり、症状として
勃起不全(ED)といった生殖器の症状が出てきます。
一般に男性の症状は女性の症状に比べてあまり強くありません
その理由は男性ホルモンの分泌量の低下が女性ホルモンに比べて
穏やかなためといわれています。
蒲田の整体グリーンPCTカイロでは
骨格の矯正で前後左右の重心バランスを整えて痛みのおきにくい
身体作りのお手伝いします。
トルクリリーステクニックで脳と脊髄に働きかけ
オリキュロセラピーでホルモンバランスを調整します。

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、鎖骨周辺の神経や血管を圧迫して起こる
症状の総称で、いくつかに分類される。
肋鎖症候群ー鎖骨と第一肋骨の間で圧迫される
斜角筋症候群ー前斜筋と中斜角筋の間で圧迫される
頸肋症候群ー頚椎にある余分な肋骨で圧迫
小胸筋症候群ー小胸筋を通る時に圧迫
また、圧迫を起こしている、血管の種類によって
動脈型、静脈型としても分類されます。
症状は手指やお出のシビレ痛み、冷感や逆に熱感、
腕から手にかけてのだるさ、肩こりなどです
梅屋敷の整体院グリーンPCTカイロプラクティックでは
身体の中心である骨盤から頚椎までを科学的な検査により
矯正箇所を見つけ出し的確に矯正して原因を
取り除きます。
トルクリリーステクニックで神経の流れを整えて
オリキュロセラピーでシビレや痛みをコントロールします。

変形性頚椎症

変形性頚椎症とは、加齢による頚椎の変形で、様々な症状を
引き起こす病気です。
頚椎は7つの椎骨から形成されその間には椎間板や靭帯があり
関節によってつながっています、椎間板は加齢とともに
薄くなり、クッション役割もなくなってきます、それによって
椎骨にかかる負担が大きくなって、椎骨が棘状になったものが
骨棘です、この骨棘が神経などを刺激して痛みやシビレが発生します。
身体を起こしていると重力の関係で椎骨に負担がかかり
症状が出ますが、身体を横にしていると痛みが和らぐのはこのせいです。
症状が進行すると下半身にも症状が及び、歩行困難
排尿障害といった症状も出てきます
また変形が進み脊髄まで圧迫されると頚椎症性脊髄症といい
神経根が圧迫されると頚椎症性神経根症と呼ばれるようになります。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
頚椎に負担がかかりにくくするために頭部の重心位置を
骨盤から頚椎にいたるまで、調整し症状を軽減させます。
トルクリリーステクニックで神経の周波数をあわせて
オリキュロセラピーで痛みとシビレに働きかけます。


頚椎捻挫(むちうち症)

頚椎捻挫(むちうち症)とは自動車事故で後部から追突された時に
起こる頸や肩、背中などに掛けて起こる外傷を頚部捻挫と
呼ぶことが多く、スポーツなどによっても引き起こされます。
症状は肩こりや首筋、背中などが痛み、耳鳴り、頭痛、めまい
吐き気、食欲不振などです。またタイプは4種類に分けられていて
「捻挫型」は最も多く全体の70~80%を締めています症状は肩こり
似ていて、軟骨にひびが入ったり、靭帯を損傷したりします。
「神経根型」は頸の痛みと腕の知覚異常がおもな症状で腕のほうに
伸びている神経を圧迫して起こっています、首を深く曲げたり
回したりクシャミや咳で症状が悪化します。
「脊髄型」は足のシビレや痛みが出るのが特徴で、排便や排尿が
困難になる場合もあり、これは脊髄が損傷された時の症状です。
「バレーリュー型」はめまい耳鳴り・疲れ目に加え
顔、のど、腕の知覚異常また声がかれたり嚥下困難などを症状とし
これは交感神経の働きが異常になったために起きます。
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
頚椎だけではなくそれを支えている骨盤から見直し矯正します
トルクリリーステクニックで神経の流れを整えて
オリキュロセラピーで症状を緩和させて一日でも早く
楽になっていただきます。

変形性腰椎症(変形性脊椎症)

変形性腰椎症(変形性脊椎症)とは加齢とともに進行する
背骨や椎間板などの変形性変化です。
背骨や椎間板は年齢とともに薄くなったり、強度が落ちたりして
変形して骨棘といってささくれを起こしたりします
骨棘は神経なども刺激したり圧迫します
その結果、関節の連続性が悪くなり、うまく動くことが出来なくなり
痛みやシビレを生じます。
一般的には長時間の歩行や同じ姿勢(観劇など)や転倒や
重たい荷物を持った時あとに痛みが出ます。
通常は安静にしていれば改善しますが、なかなか痛みが改善しない
場合は治療が必要です。
蒲田 梅屋敷の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
骨盤から頚椎まで背骨の調整で腰に負担のかからない
骨格をつくり、トルクリリースで神経バランスを整えて
オリキュロセラピーで症状を取り除き改善させます。


頚肩腕症候群

頚肩腕症候群とは首・肩・腕・手指に痛みやシビレなどが起きる症状の
総称で病名ではありません。
最近では、PCでの作業(仕事)が多くなりこのような症状に
悩まされている人が増えてきました、まさしく現代病です。
また、手や腕を酷使する作業の人にも当てはまります
手や指がしびれる、手に力が入らない、肩こりがひどい
背中の筋肉が張る、手に冷感がある、頭痛やめまい
頚肩腕症候群は先も述べた通り総称なので、X線やMRI
などで原因が明らかになると以下のような病名が付きます。
変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症
胸郭出口症候群などです。
大田区蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック
PC作業で不良姿勢が続きストレートネックなった方にも
対応しております。
トルクリリースやオリキュロセラピーでの治療は
痛みやシビレで興奮してしまった、神経を安定させて
症状を早期に改善させる働きがあります。

手根管症候群

手根管症候群とは、手のひら側付け根にある「手根管」とよばれる
正中神経と複数の腱が通るトンネルが慢性的な圧迫を受けて
起こる痛みやシビレ、運動障害を起こす病気です。
原因は手の使いすぎや、手首の骨折、脱臼、腱鞘炎、痛風、
ガングリオン、慢性関節リュウマチ、血液透析による
アミロイド沈着、などで中年以降の女性に好発します。
症状は人差し指、中指、親指と薬指の親指側に
シビレと痛みが発生します。小指に症状が無いのが
特徴です、症状は朝に強く出て、手を振ったりすると楽になります。
検査はチネル徴候と呼ばれるもので手のひらの少し上を
軽く叩くと人差し指と中指に放散するシビレがでます。
ファレンテストは手首を屈曲させてると症状が強くなります。
治療は症状が軽い場合は固定などの保存療法となりますが
拇指との対抗運動が出来なくなったり、拇指球の筋肉が
明らかにやせてきた場合などは手術の適用となります。

ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群とは運動神経の障害のため手や足に筋力低下が見られ
手足のシビレ感も伴うことがあります。この他の症状は、顔面の筋肉や
目を動かす筋肉に力が入りにくくなったり、嚥下困難、呼吸不全など
があり日本では特定疾患に認定された指定難病です。 また子供からお年寄りまで罹患し人口10万人に年間約1~2人かかります
原因は風邪を引いたり、下痢をした後などの感染症の後に症状が始まる
ことから、各種ウイルスや細菌による感染が引き金となり
自己免疫システムを介して発症すると考えられています。
治療の方法は免疫グロブリンの大量投与または血漿交換療法が有効です。

脊椎分離症

脊椎分離症とは腰椎の関節突起という場所でひびが入り
腰椎の上下が不安定な状態になり様々な症状を呈するものを云います。
原因としてスポーツを熱心にしている子供や成長期に
スポーツをしていた人に起こりやすく後発部位は第五腰椎です。
症状は程度は様々ですが、少しの動作で腰に激痛が走り
身動きできなくなったり、長時間の座った姿勢や、起立時に
腰に鈍痛が出ます、また腰を反らしたりすると痛みが増したり
脚にシビレが出たりもします。
症状が進むと坐骨神経痛を引き起こしたりします。
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
不安定になった腰椎を骨盤矯正で安定させて痛みを軽減させて
トルクリリーステクニックで神経バランスを整えて
オリキュロセラピーで症状を緩和させます。

ベネット損傷

ベネット損傷とは、よく野球選手などに見られる障害の一つで
投球動作が繰り返し行うことにより上腕三頭筋や関節包に
力が加わり肩甲骨関節窩の下部に骨棘(骨の出っ張り)
を形成して、回りの組織を刺激し投球時に肩関節後方に
痛みが出て、関節の可動域も減少します。
無症状の人もいますが、局所に注射をすることで治る人が多いようです。

オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病とは成長期(小学生~中学生)に多く
サッカーやバスケットボールなどのジャンプを伴う激しいスポーツ
をしている人におこる、膝周辺部の骨軟骨炎です。
原因は、スポーツでジャンプや屈伸を繰り返し行うことで、
大腿四頭筋は強く収縮し膝蓋骨経由して頚骨(すねの骨)
の上部にある大腿四頭筋の付着部である頚骨粗面が
引っ張られることにより、発生します。
症状は、頚骨粗面が出っ張りその部分を刺激すると痛みがあります
スポーツをするとやはり痛みますが、通常の歩行ぐらいでは
あまり痛みは感じません。
治療として急性期はアイシングを行い、スポーツは一時
中断したほうが良いでしょう

バーナー症候群

バーナー症候群とは、ラクビー、アメリカンフットボール、相撲などの
タックルなどや、体操競技、トランポリンなどの着地の失敗で
首に瞬間的な強い力が加わった時に発生する、灼熱感やシビレ、痛みを
伴う一過性の神経障害です。発生時に腕に、強く熱を感じるので
この名前が付いています。
原因は、首への外力が伸展、屈曲、長軸方向への圧迫に加わると
頚椎の神経の通り道である椎間孔が狭くなり神経を圧迫して
様々な症状(方や腕に灼熱感、シビレ、筋力低下、感覚異常など)が
起こりますが、たいていの場合、数分から一時間で症状はなくなりますが
翌日以降も症状が残る場合はMRIなどの検査が必要です。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
衝撃でズレてしまった頚椎や胸椎を元の状態へ矯正し
トルクリリーステクニックで神経の周波数を整えて
オリキュロセラピーで痛みやシビレの症状にアプローチします。

コンパートメント症候群

コンパートメント症候群とは下腿や、上肢には関節を動かすために
複数の筋肉が付いており、その一つ一つを筋膜で覆われていて
区画が出来ています、この区画が外傷などにより内部の圧が
高まり筋肉、血管、神経を圧迫して起こったものを
コンパートメント症候群といいます。
原因は、急性型の場合は骨折、筋損傷、血管損傷などで
内出血が起こり、区画(コンパートメント)での圧力が上昇して
循環不全が起こります
慢性型の場合は主にスポーツで発生し筋肉が種大して区画の圧が高まります。
症状は急性型の場合は骨折などで急激に内出血が起こり
疼痛と神経麻痺を伴います、急性期では筋肉や神経が壊死を起こす
場合があるので、注意が必要です。
慢性型は長時間のランニングなどで疼痛が生じて走れなくなり
少し休むと、また走ることが出来る、これを繰り返します。
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
過度のトレーニングにより片寄って付いたしまった筋肉を
骨盤矯正、背骨矯正で左右均等にバランスよく付くために矯正します。
トルクリリーステクニックで神経バランスを調整して
オリキュロセラピーで症状の改善をします。

大腿骨頭すべり症

大腿骨頭すべり症とは、骨盤と大腿骨で形成する股関節において
成長期の子供は大腿骨の関節部分に骨端線という骨が成長する
部分があり、これが外力を受けて後方にずれてしまったのが
大腿骨頭すべり症です
原因は、大腿骨頭に強い外力が加わり、ズレを起こすものと
成長ホルモンと性ホルモンの異常で肥満にも関係しています。
症状は、外傷がきっかけで、歩けなくなるくらいの痛みが出る
急性型と、ホルモンの関係で成長期が遅れ大腿骨頭に
かかる負荷が長くなったために痛みが出る慢性型に分けられます。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
大腿骨頭に負荷が少なくてすむように、骨盤を調整します。
トルクリリーステクニックで神経の通りをよくして
オリキュロセラピーでホルモンバランスを整えます。

梨状筋症候群

梨状筋症候群とは、臀部にある仙骨と大腿骨にまたがる
梨状筋の中を走行する神経が圧迫されて起こる様々な症状を言います。
原因はスポーツや外傷、長時間の座ったままの姿勢などで
症状は、臀部から下腿部にかけての痛みやシビレで
臀部痛と坐骨神経痛が特徴です、腰部に症状はありません
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
骨盤矯正で骨盤周りの筋肉バランスを整え
トルクリリーステクニックで神経の流れを正常化して
オリキュロセラピーで症状の緩和をします。

禁煙治療

WHOによると、全世界でタバコによる死亡者は年間490万人います
また、受動喫煙が原因で「がん」などの深刻な健康被害を起こす
とも主張しています。
世界医師会はタバコを吸わない人も、受動喫煙により毎年数十万人
が死亡しおり、喫煙は全ての臓器を侵し、ガン・心臓病・脳卒中
肺疾患・胎児への悪影響の原因となっているとし、
4000種以上の科学物質、50種以上の発がん性物質などの有害物質
により非喫煙者は様々な病気で命を脅かされていると主張しています

ニコチンの依存性のメカニズムには、脳報酬回路が深く関わって
いることが、明らかになっています。
この脳内報酬回路は中脳の腹側被蓋から視床下部の側坐核
さらに前頭葉に至る神経系で、ドーパミンの放出を促進し
快感や多幸感を増強する、アンフェタミンやコカインも
同様のメカニズムで働きます。

蒲田の整体 グリーンPCTカイロプラクティックでは
トルクリリーステクニックオリキュロセラピーにより
喫煙のために狂ってしまった脳で働く神経伝達物質の
バランスを整えます。
これによりタバコへの欲望が無くなり禁煙できます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は皮膚の病気でよくなったり悪くなったりを
繰り返します。完治することが非常に難しいものなので
症状をうまくコントロールして日常生活に支障が出ないように
することが大切です。
また、アレルギーを起こす物質を特定して対応するために
血液検査や皮膚検査も行うことがあります。
アトピー性皮膚炎の治療には薬物療法、スキンケア、アレルゲンの
除去がありますが、その内の薬物療法では
・ステロイド(副腎皮質ホルモン)
・タクロリムス(免疫抑制薬)
・抗ヒスタミン
などがあり症状や程度によって使い分けます。
アトピー性皮膚炎の人は患部を掻き毟ったりするので傷口から
感染することが多く
・とびひ(伝染性膿痂疹)
・水いぼ(伝染性軟属腫)
・単純ヘルペス感染症
などですが、目の周りの患部をたたいたりすることで起こる
・白内障
・網膜剥離
も合併したりします。
症状を悪化させないためにも身の回りの環境を整えましょう
・規則正しい生活(睡眠、食事、など)
・部屋は清潔に保ち、湿度などにも注意しましょう
・ナイロンなどの刺激の多い服は裂けましょう
・爪は短く切り皮膚を傷つけないように
・うまくストレスの解消をしましょう

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
耳介を使ったオリキュロセラピーという方法で
神経の流れを整え、アレルギーを抑えてしかも
体内にある自然のステロイドホルモンを活性化させる
ことができます。薬物療法とは違い元々自分の副腎皮質から
出ているホルモンなので副作用の心配が無いのが大きな特徴です

うつ病

うつ病は、誰にでも起こる可能性のある病気です。国(厚生労働省)
の調査によると日本では成人以上の人で約7.5%が一度はうつ病
経験しているそうです。わが国ではなんと600万人以上の方がうつ病
に苦しんだり悩んだりしている計算です。
日常生活において、近親者やペットの死別などで気持ちが落ち込んだり
仕事場や学校などで嫌なことがあったりと心や身体に負担(ストレス)
がかかったりするものですが、たいていの場合は時間が経過したり
他の楽しいことで気を紛らわしたりして原因が解消されるものですが

気持ちが落ち込んだ状態が2週間以上続き、食欲が無い、眠れない
物事に対して意欲がわかない、または関心が無くなるといった症状
や痛みなどの色々な症状が伴うものを「うつ病」といいます。

この病気のメカニズムは脳内伝達物質である「ドーパミン」や
「セロトニン」「ノルアドレナリン」などが重度の精神的ストレス
や肉体的ストレスにより分泌量が減ってしまったために
うつ状態が引き起こされると考えられています。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
重度のストレスにより少なくなってしまった脳内伝達物質である
「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」の分泌を
トルクリリーステクニックオリキュロセラピーによって
正常に戻すことが出来ます。

パニック障害

パニック障害とは、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまい、頻脈などに伴い
このまま発作が続くと死んでしまうのではないか?というような強烈な
不安感や恐怖感に襲われる病気を言います。

パニック発作は多くの場合短いもので10分ぐらい、長くても1時間以内には
おさまりますが、再度発作が起きてしまうのではないか、という恐怖感や
不安感に襲われるようになります(予期不安)
また発作が起きた時に、他人に見られるのが恥ずかしくなり大勢の人が
いるところへいけない、または過去に発作を起こした場所へいけないなど
逃げ場が無いような場所や施設を避ける行動をします。(広場恐怖)
この(パニック発作)(予期不安)(広場恐怖)は三大徴候はパニック障害
大きな特徴です。

症状が進むと人前に出ることが、できなくなり家に閉じこもるようになって
社会生活が出来なくなります。

パニック障害が起こる原因は「セロトニン」「ノルアドレナリン」などの
脳内神経伝達物質がバランスを崩して興奮しすぎたり、不安や恐怖を
脳でうまく処理できないと発症します。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは、バランスを崩してしまった
脳内伝達物質をトルクリリーステクニックオリキュロセラピーという方法で
改善することが出来ます。

画像の説明
画像の説明
画像の説明

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック

住 所:〒144-0052東京都大田区蒲田2丁目5-11アーバンハイツ梅屋敷1階  アクセス: 京浜急行梅屋敷駅から徒歩3分 JR蒲田駅から徒歩15分
蒲田で整体をお探しなら
お問い合せ・ご予約 受付時間:10:00~19:00


03-3731-3605


定休日 木曜日
梅屋敷駅からの道順はコチラをクリック

メールでのお問い合せ・ご予約はコチラ

京急梅屋敷駅
徒歩3分

関連ページ

画像の説明

予約の取り方 (わずか1分です)

画像の説明

03-3731-3605
に電話して下さい

「はい、グリーンです」と出ます

「初診です、予約をお願いします」
とお伝え下さい

ご希望の日時をお伝え下さい
木曜日は定休日です

お名前をお伝え下さい
質問などありましたら、お気軽にどうぞ