変形性腰椎症(変形性脊椎症)

変形性腰椎症(変形性脊椎症)とは加齢とともに進行する
背骨や椎間板などの変形性変化です。
背骨や椎間板は年齢とともに薄くなったり、強度が落ちたりして
変形して骨棘といってささくれを起こしたりします
骨棘は神経なども刺激したり圧迫します
その結果、関節の連続性が悪くなり、うまく動くことが出来なくなり
痛みやシビレを生じます。
一般的には長時間の歩行や同じ姿勢(観劇など)や転倒や
重たい荷物を持った時あとに痛みが出ます。
通常は安静にしていれば改善しますが、なかなか痛みが改善しない
場合は治療が必要です。
蒲田 梅屋敷の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
骨盤から頚椎まで背骨の調整で腰に負担のかからない
骨格をつくり、トルクリリースで神経バランスを整えて
オリキュロセラピーで症状を取り除き改善させます。
a:2000 t:1 y:0