サブラクセーションのタイプは2種類です!

画像の説明

「トルクリリースセンタージャパンより抜粋」
https://www.facebook.com/Torque.Release
サブラクセーションのタイプは2つに分けられます。

①コードテンション サブラクセーション(牽引)
②コードプレッシャー サブラクセーション(圧迫)

①は硬膜との付着が有る場所のサブラクセーションです。
②は硬膜との付着が無い場所のサブラクセーションです。

後頭骨、C2、C5、S2、S3、S4、尾骨は“歯状靱帯”を介して硬膜と付着しています。 これらの分節のサブラクセーションは重篤です。C1は歯状靱帯の付着は有りませんが小後頭直筋を介して硬膜と付着しています。更に後頭骨とC2に挟まれてる影響でコードプレッシャーにもかかわらず例外的に重篤です。ただ実際に骨のズレによって歯状靱帯を介して硬膜を引っ張っている訳では有りません。あくまでもサブラクセーションは神経学的3次元的なイメージの投影です。脳と脊髄がズレていると誤認識しているだけで、構造力学的にズレている訳では無いのです。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック 山田