DDパーマーと息子BJパーマー

画像の説明

「トルクリリースセンタージャパンより抜粋」
https://www.facebook.com/Torque.Release
このトーンの概念が後世に伝わらなかった理由は、父D.Dの天才ぶりに嫉妬した息子B.Jが父の遺作となった本を買い占め全て燃やしたことも一因である。この本に書かれている概念はその十数年後に発表された量子論(ハイゼンベルク:後にノーベル賞受賞者を輩出)そのものであった事は驚きです。この事実はカイロ界でもあまり知られていない事でした。アッパーを崇拝する先生方はB.Jは天才だといいますが、D.Dはその10倍天才だと言えましょう。焼け残った残り少ないこの本はパーマー大学に保管されているそうです。
臨床神経学の分野では神経の働きが周波数(Hz)であることは常識的な事実です。三次元空間に於ける全てのコミュニケーションは周波数(Hz)です。話をしたり、見たり、聴いたりは全て周波数です。体内で行われるコミュニケーションも全て周波数によっています。1895年にこの事実を発見したD.D. Palmerは「私はカイロプラクティックをトーンに基づいて創始した」と言いました。その後の100年間カイロプラクティック界はトーンの意味を理解することなく置き去りにしてきました。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック 山田