カイロの矛盾はトーン(周波数)で解決!

画像の説明
「トルクリリースセンタージャパンより抜粋」
https://www.facebook.com/Torque.Release
今日でも多くのカイロプラクターはカイロプラクティック理論をそのまま臨床に生かす手段を持たず矛盾を抱えたまま毎日の臨床を行っています。これが多くのカイアトロジェニック(カイロ原性)障害をつくることになっています。カイロプラクティック本来のトーンのサブラクセーションにもとづく臨床が必要です。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック 山田