■臨床的特徴の中には、慢性疼痛および活動障害のリスクファクターとなっているものが数多く存在する・・・

画像の説明
腰痛は何としても急性期の段階で解決しなければなりません。もし患部の生物学的損傷だと考えていたら、イエローフラッグ(心理社会的危険因子)を見逃してしまい、腰痛を慢性化させるだけでなく再発率も高めてしまいます。それを回避するためには、腰痛疾患(坐骨神経痛を含む)を「生物・心理・社会的疼痛症候群」として治療する必要があります。

資料 TMSジャパン

蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティック