■2040年の世界の推計医療費は?

画像の説明
各国の医療費(health spending)は経済発展と関連しているが、過去20年間の傾向や関連性を検証した結果、一概に関連があるとは言い切れず、財源が乏しい国では医療費は低いことが示唆されたという。米国・ワシントン大学のJoseph L. Dieleman氏らが、184ヵ国の過去の国内総生産(GDP)、全部門の財政支出、財源ごとの医療費などを分析し、2015~40年の推定医療費を推算して報告した。著者は、「政策の変更によって医療費の増大につながる可能性はあるが、最貧国にとって他国からの支援は欠かせないままと思われる」とまとめている。財源の規模、とくに財源の確保は、医療へのアクセスや医療のアウトカムに影響するといわれており、医療費は経済発展とともに増大することと、一方で、医療費財源の制度(health financing systems)の違いによって非常に大きなばらつきがみられることが指摘されている。研究グループは、医療費の将来推計は、政策責任者および立案者にとって有益であり、資金調達の不足(financing gaps)を明らかにすることができるとして本検討を行った。
Lancet誌オンライン版2017年4月19日号掲載の報告。

GDP、財政支出、保健医療費等のデータから推計

 IMF Maddison ProjectおよびPenn World Tablesのデータベースから184ヵ国の1980~2015年のGDP、全部門の財政支出を抽出、また、Institute for Health Metrics and Evaluation’s Financing Global Health 2016から1995~2014年の保健医療費データを抽出し、アンサンブルモデルを用いて、2040年までのGDP、全部門の財政支出、他国からの医療開発支援、および政府財源の医療費、患者の自己負担の医療費、民間保険会社の医療費を推算した。

 また、確率フロンティア分析を用いて医療に投じる財源が最も多い国のパターンを明らかにし、さらにこれを用いて、低所得国や中所得国の潜在的医療費を推算した。すべての推計は、物価上昇率と購買力で調整した。

世界の医療費、2040年には24.24兆ドルに

 全世界の医療費は、2014年の9.21兆ドルから、2040年には24.24兆ドルに達すると推計された(不確実性区間[UI]:20.47~29.72)。国民1人当たりの医療費の伸びは、高中所得国で最も急速に進み、年5.3%(UI:4.1~6.8)と推算された。この上昇は、GDP、財政支出、政府財源の医療費の増加が継続することにより引き起こされると予測されたものである。

 一方、低中所得国では4.2%(UI:3.8~4.9)、高所得国では2.1%(UI:1.8~2.4)、低所得国では1.8%(UI:1.0~2.8)の上昇率であると推算された。しかし、こうした上昇にもかかわらず、低所得国での国民1人当たりの医療費予測は、2030年で154ドル(UI:133~181)、2040年で195ドル(UI:157~258)と低いままであった。

 医療費財源に投じる資金が最も多い国の医療費レベルに達するには、低所得国では経済発展のレベルに応じて、国の医療費を2040年で国民1人当たり平均321ドルに増大することが必要と推算された。

原著論文はこちら
Global Burden of Disease Health Financing Collaborator Network. Lancet. 2017 Apr 19. [Epub ahead of print]
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28433260

資料 TMSジャパン
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック