■動物用医薬品と動物用ホメオパシーの比較:パート1

画像の説明
Comparison of veterinary drugs and veterinary homeopathy: part 1
P. Lees, D. Chambers, L. Pelligand, P-L. Toutain, M. Whiting, M. L. Whitehead
Veterinary Record Aug 12, 2017
http://veterinaryrecord.bmj.com/content/vetrec/181/7/170.full.pdf
パート2
Comparison of veterinary drugs and veterinary homeopathy: Part 2
Veterinary Record, Aug 19/26, 2017
http://veterinaryrecord.bmj.com/content/vetrec/181/8/198.full.pdf
オープンアクセス

何故効果があるように見えるのか、有効性はどうやって評価するのかといった解説

動物業界ではオーガニック農場でよく使われている。ヒトではプラセボ効果で本人が良くなったと思うなら価値はあるのかもしれないが動物ではそういうことはなく、動物の所有者の自己満足に終わるところが非常に悪質。そうしている間に病態が悪化する。(赤ちゃんに使う場合でも同じ問題はある。)

食品安全情報blog

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック