■大腸癌単孔式腹腔鏡下術で高齢者の術後せん妄が減少

画像の説明
大阪大学病院で待機的手術を受けた75歳以上の大腸癌患者134例を対象に、単孔式腹腔鏡下手術による術後せん妄予防効果を後ろ向き症例対照研究で検証。術後せん妄発生率は、単孔式手術群で通常手術群に比べて有意に低く(13.8% vs. 30.0%、P=0.0161)、高齢者総合機能評価に基づく高リスク群でも同様の結果が得られた(P=0.0153)。

【原文を読む】
Nishizawa Y et al. Clinical benefits of single-incision laparoscopic surgery for postoperative delirium in elderly colon cancer patients. Surg Endosc. 2017 Oct 26. doi: 10.1007/s00464-017-5827-z. [Epub ahead of print]
https://link.springer.com/article/10.1007/s00464-017-5827-z

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック