■インフル患者最多更新「AとB両方かかる人も」

画像の説明

2018年2月2日 (金)配信読売新聞

 厚生労働省は、1月22~28日に報告された1医療機関あたりのインフルエンザの患者数が、52・35人となったと、2日発表した。

 前週(51・93人)に続き、1999年に調査を開始して以来の最多を更新した。大流行が続いており、専門家が注意を呼びかけている。

 全国の小児科や内科約5000医療機関からこの1週間に報告があった患者数は25万9063人で、全国の推計患者数は約274万人。1医療機関あたり報告数は、北海道を除く全都府県で警報レベル(30人)を超え、福岡77・35人、大分74・76人、埼玉65・41人の順に多い。

 例年2月以降とされるB型の流行が早まり、A型と同時期に流行していることが患者の増加につながっている可能性がある。国立感染症研究所感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「A型にかかった後にB型に感染するなど複数の型にかかる人もいる。一人一人が周りに感染を広げないよう、手洗いなどの対策に取り組むことが大切です」としている。

■不要不急の外出避けて 識者談話
2018年2月2日 (金)配信共同通信社

 国立感染症研究所の砂川富正(すながわ・とみまさ)感染症疫学センター第2室長の話 B型ウイルスは例年、A型が収まる頃に増えるが、今回はA型と同じ時期に増加しているため、感染者が増えている。韓国や中国など、東アジア全般の傾向だ。流行は今がピークとみられる。手洗いの徹底やマスクの着用を心掛けてほしい。体調が悪い人や高齢者は不要不急の外出を控えるなど、人混みを避けることも重要だ。

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック