猫を飼っていること、猫アレルゲン暴露、子ども時代全体を通した感作と喘息の軌跡

画像の説明

■猫を飼っていること、猫アレルゲン暴露、子ども時代全体を通した感作と喘息の軌跡
Cat ownership, cat allergen exposure, and trajectories of sensitization and asthma throughout childhood Healson Ihuoma et al., Journal of Allergy and Clinical Immunology Volume 141, Issue 2, February 2018, Pages 820-822.e7
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0091674917316536

編集者へのレター、オープンアクセス

約20年ほど、猫への暴露は無数の異なる、時に矛盾する結果と関連すると報告されてきた。猫への感作が猫暴露で増えると報告されたり逆に保護的だと報告されたり。我々はこれを人生の初期に暴露されることの影響が時間とともに変化するという仮説で説明できるかどうかを検討した。(略、図があるのでそちらのほうがわかりやすい)

我々の知見は早期の猫暴露と子ども期の感作との関連は変化することを、評価する時期が結果に重要であることを強調する。このことがこれまでの結果が一致しないことの多くを説明できる。特定の時期での横断研究結果を一般化することは誤解を招くものである。

食品安全情報blog

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック