The Doctors’ と ‘The Dr. Oz Show’の内幕を暴露する:我々の解析が明らかにしたこと

画像の説明

■‘The Doctors’ と ‘The Dr. Oz Show’の内幕を暴露する:我々の解析が明らかにしたこと
Pulling back the curtain on ‘The Doctors’ and ‘The Dr. Oz Show:’ What our analysis revealed February 22, 2018 Ranit Mishori, MD https://www.healthnewsreview.org/2018/02/pulling-back-the-curtain-on-the-doctors-and-the-dr-oz-show-what-our-analysis-reveals/

今月初め、Mehmet Oz医師が「ドクターオズ・ショー」1500回を祝った。オプラ・ウィンフリー、ガイル・キング、マーサスチュワートが出演して祝福し、魚の水銀から#metooムーブメントに至るまであらゆることを話した。

私は嬉しくない:ドクターオズ・ショーが放映されてきた10年の間、この番組ともう一つの医療番組「ザ・ドクターズ」で薦められたトピックスや治療法について尋ねる患者に出会うことは珍しくなかった。患者さんが私に語ったテレビで見たというアドバイスはしばしば私の知っている医学的根拠とは一致しなかった。私はこうしたテレビ番組は娯楽だと知っていても、患者さんはにとってはそうではない。結局のところ、我々の文化では白衣を着た「ドクター」は知識をもっている信頼できる人の強力なシンボルである。

こうしたテレビ番組などが、米国医師会が最近「メディアにおける医師の倫理的行動規範」という一連のガイドラインを公式に発表した一因である。そのガイドでは我々医師はその知識や技術を「全体として人々の利益になるために」使う責任があるとしている。またメディアでの助言が適切でなかったり標準医療を反映していない場合のリスクを強調している。

この「標準医療standard of care」という言葉が、私の2013年の‘The Doctors’ と ‘The Dr. Oz Show’の健康に関する助言が正確かどうかを評価するプロジェクトのきっかけである。同僚と「ドクターオズ現象」-テレビで彼らが言ったことについて患者さんが尋ねてくることに答えなければならなくなる鬱陶しい状況-について話しているときにアイディアが浮かんだ。このプロジェクトではテレビ番組の情報源は何か、それは妥当か、信頼できるか、標準医療を反映しているかを検討した。

我々が発見したこと

これらの番組でなされた助言が根拠に基づいたガイドラインに従っていることはたまにしかなかった。しばしば引用文献はなく確認できなかった。薦められた治療法の費用や有害影響はしばしば見逃されていた。そして番組のホストがしばしば番組の広告企業が作った製品を売っていた。

どうやって情報収集したか

Jeffrey Weinfeld医師と医療文献司書Michele Malloyと私は丸一ヶ月に放送された全ての‘The Doctors’ と ‘The Dr. Oz Show’のエピソードを見て録画する医学生のグループをリストアップした。学生達は番組でなされたすべての健康上の助言を記録し、その費用や有害性への注意はあったかどうか、情報源が参照されたかどうかを記録した。また番組中に放送された広告も追跡し、それがショーの中身と関係あるかどうかも調べた。

全部で300以上の健康助言があった。それらから無作為に抽出した一部をさらに解析した

結果

・平均すると一回放送あたり‘The Dr. Oz Show’は6.91、‘The Doctors’は9.55個の健康助言をする

・有害影響やリスクについてはDr. Ozは8.6%、The Doctorsは13.1%しか言及しない

・費用についてはDr. Ozは23.7%、The Doctorsは3.1%しか言及しない

・根拠に基づいた医療ガイドラインに沿っていないのはDr. Ozは約78%、The Doctorsは約80%

さらに半分以上が広告と関係し助言を支持する根拠は貧弱あるいは存在しない

(長い記事。いろいろ略。)

食品安全情報blog

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック