成長すると骨の数が減る?

スケルトン
人間の骨も皮膚と同じように新陳代謝をして
約3年で新しく生まれ変わります
骨を作る細胞と壊す細胞があるためです
30代ぐらいまでは骨を作る細胞の活躍が旺盛で
40代以降は骨を壊す細胞の働きが多くなり
骨量は減ってきます
骨を作る働きの大きい成長期に数が増えるかというと
そうではなく、減ってしまいます
幼児の関節の骨は骨幹と骨端という部分に分かれ
ていて、隙間には軟骨があります。骨の成長が
止まるころにすき間の軟骨が骨に変わっていき
骨幹と骨端がくっつきます。
このため幼児の骨の数は305個くらいですが
大人になると200~206個に減っていきます

蒲田 梅屋敷の整体院
グリーンPCTカイロプラクティック